全国送料無料、一ヶ月内無料返品、1年間以内無料保証
当店メールアドレス:link@oossxx.com

Blog Categories

Best Sellers View all

Custom CMS Block

Custom CMS block displayed at the left sidebar on the Catalog Page. Put your own content here: text, html, images, media... whatever you like.

There are many similar sample content placeholders across the store. All editable from admin panel.

車主の皆様、交通違反の監視はこんなふうに記録されていることをご存知でしょうか?

1.高度な車両感知技術とキャッチカメラ

これは初期の電子警察システムの一種で、車両の走行状態を検出するために高度な車両感知技術に依存しています。車両感知センサー、信号状態センサー、カメラ、中央コントローラー、補助ライト、交差点コントロールユニットなどから成り立っています。これは、監視エリア内の違反車両をキャッチし、複数の写真を連続して撮影し、ナンバープレート認識を行い、完全な証拠データを生成できます。

ただし、その制約として、信号無視などの違反行為のみを記録でき、逆走、ラインを越えた走行、車線変更などの他の違反行為を検出および記録できません。また、車両感知センサーが故障しやすく、修復が難しく、コイル埋設による道路の損傷の可能性があるため、この種の電子警察システムは一線の都市ではますます使用されなくなり、実質的には廃止されています。したがって、これについて知識を持つことは車主にとって重要です。

 

2.電子監視カメラ

初めの方法と比べて、電子監視カメラは信頼性が高く、リアルタイムの監視能力が高いです。監視エリアを通過する車両、違法な運転行為をキャッチできます。車両が信号無視、逆走、ラインを越え、車線変更などの違反行為を行うと、電子監視カメラは複数の写真を連続して撮影し、その写真データをコントローラーで処理し、コントロールセンターにアップロードします。

注意すべきは、道路上の電子監視カメラは主に交通管理の能力を強化するために使用され、写真を撮るのは交通管理システム全体の一部です。したがって、電子監視カメラの主な機能は、信号無視などの違反行為に関する証拠を提供することです。

 

3.レーダーマイクロ波速度検出

レーダーマイクロ波速度検出は、異なる周波数のマイクロ波を車両に送信し、その反射時間に基づいて車両の速度を測定します。この種の検出方法には固定式と移動式の2つのタイプがあります。移動式には通常、道路脇に隠れて設置される携帯型速度測定用レーダーデバイスや警察車両に取り付けられる移動式速度測定用レーダーデバイスが含まれます。このような速度違反の検出は通常、高速道路、国道、および都市周辺地域で使用されます。

レーダー速度検出は通常、カメラと組み合わせて使用され、車両が速度制限を超えると写真を撮ることになり、通常、高速な連続撮影が行われ、車両がどこにも隠れないようにされます。

 

4.赤外線およびレーザー検出

レーザー距離計は、レーザー光を標的に発射し、その反射光の時間差を記録して、標的とテストポイントの距離を決定します。レーザー速度測定は、特定の時間間隔で標的を2回レーザーで測定し、その期間内の標的の移動距離を計算し、車両の速度を得るものです。OOSSXX社のワイヤレス防犯カメラセットは来訪者など、動く被写体を緑の枠で囲い追尾録画してくれますし、夜間の赤外線による、暗視もきれいに撮影されています。パッシブ赤外線センサーと人体の形状検出技術を使用し、熱特性(約37°C / 98.6°F)のオブジェクトのみを検出し、人体の動きによって動物のアラームをフィルタリングすることもできます。OOSSXX社のワイヤレス防犯カメラセットはPOE給電対応で、POEはLANケーブルを仕様して、ネットワークの構築を行いながらカメラに電力の給電します、ACアダプタや電源工事が必要なく、POEで電源を給電を行えば、外電源を別途用意する必要がなく、簡単で綺麗に配線を行うことができます。赤外線LEDが搭载し、30mまでの暗視撮影可能です。遠隔監視対応:スマホとPCでアプリ、またはソフトをダウンロードします。 Iphone/Android/Windows PCによって、いつでもどこでもリ遠隔監視できます。また、8台まで増設可能です。

レーダー速度検出と同様に、横断路、交通の多い道路、高い歩行者通行量の状況では監視要件を満たすのが難しいかもしれません。また、レーザー光は人の目に悪影響を与える可能性があるため、この種の機器は国際的な安全基準に適合し、使用時には人間の操作が必要です。現在、視界が悪い条件下での効果は限定的かもしれません。

 

5.電子ドッグは実用的でしょうか?

電子ドッグを使用したことがある方は、電子ドッグが監視と速度測定の警告を提供できることを知っているでしょう。しかし、電子ドッグの警告は信頼性があるでしょうか?電子ドッグの警告は、レーダー速度検出の周波数バンド認識に基づいており、理論的にはすべての速度測定レーダーを認識できるはずです。ただし、電子ドッグのデータ収集と更新は完璧ではないため、最高の電子ドッグであっても警告を逃すか、誤って警告することがありますし、また、警告が取り消されている場合もあります。

さらに、業界のナビゲーション専門家は、電子ドッグは一部の車載巡航レーダーや駐車場の周波数に非常に敏感であり、これらのデバイスを監視デバイスと誤って警告することがよくあると教えています。したがって、電子ドッグを使用する際には慎重に検討することをお勧めします。

 

OOSSXX社は、高品質のスマホ連動ネットワーク防犯カメラを提供し、お客様が屋外でも屋内でも便利かつ高性能な遠隔監視ソリューションを提供します。

Sample block quote

Praesent vestibulum congue tellus at fringilla. Curabitur vitae semper sem, eu convallis est. Cras felis nunc commodo eu convallis vitae interdum non nisl. Maecenas ac est sit amet augue pharetra convallis nec danos dui.

Sample lookbook gallery

Sample paragraph text

Cras suscipit quam et turpis eleifend vitae malesuada magna congue. Damus id ullamcorper neque. Sed vitae mid a cosmo pretium aliquet an sedo delitos. Pellentesque nulla eros accumsan quis justo at tincidunt lobortis denimes loremous. Suspendisse vestibulum lectus in lectus volutpat, ut dapibus purus pulvinar. Vestibulum sit amet auctor ipsum. Proin molestie egestas orci ac suscipit risus posuere loremous.

:

×

お客様から最近購入した商品