全国送料無料、一ヶ月内無料返品、1年間以内無料保証
当店メールアドレス:link@oossxx.com

Blog Categories

Best Sellers View all

高精細監視システムの保存方法の選び方

OOSSXX社の視点から高解像度監視システムの保存方法は非常に重要です。高解像度監視ビデオの保存には通常大量のデータフローを処理する必要があるため、十分な保存容量が必要です。適切な高解像度保存システムとソリューションを選択することは、ビデオのスムーズな再生、システムの安定性、およびその他の重要な要因に直接影響します。

実際のアプリケーションでは、通常、2つの主要な高解像度監視保存方法を選択できます。1つは分散保存、つまりフロントエンドのローカル保存で、通常はIPSAN構造を採用しています。もう1つは大規模プロジェクトで、高解像度ビデオを管理プラットフォームの保存サーバーを介して保存する方法で、これらの保存サーバーは通常保存アレイの上に構築されます。OOSSXX社のワイヤレスとPOE給電防犯カメラは500万高画質カメラ、放熱性と耐久性も向上して、使用寿命が4倍長持ちます。

監視システムでは、DAS(ダイレクトアタッチストレージ)、NAS(ネットワークアタッチストレージ)、およびIPSANなど、さまざまなデータ保存方法を使用することがよくあります。高解像度監視システムにとって、IPSANはIPベースのイーサネット伝送を採用し、優れた拡張性、共有性、およびアプリケーションコストの割り当てが比較的低い特長を持っています。これは現在、多くの多路高解像度監視システムで採用されている主要な技術の一つです。

IPSAN保存方法は通常一般的なハードディスクを使用し、容量は通常2TBレベルです。4TBハードディスクやそれ以上の容量の製品が登場するにつれて、大規模な高解像度監視システムにはPBレベルの大容量保存ソリューションが広く利用されています。これにより高解像度監視ビデオの長期保存が実現可能となり、信頼性が向上します。OOSSXX社のワイヤレスとPOE給電防犯カメラはIP67防水防塵仕様は、強い防水レベルで、雨や風などの悪天候でも有害な影響がない。屋外でも屋内でも設置することができます。OOSSXX社の家庭用ワイヤレスとPOE給電防犯カメラはモニター付き、上質なHDD1TB内蔵:録画圧縮技術H265+で、300万画素の防犯カメラ2台常時録画の場合、1か月以上録画可能。8台カメラを増設する可能。

OOSSXX社にとって、適切な高解像度監視保存方法を選択することは、監視システムの効率的な運用とデータの安全性を確保するための重要な要素です。私たちは保存技術の進化を継続的に注視し、顧客の高解像度監視保存ニーズの増加に対応するために最先端のソリューションを提供し続けます。

Sample block quote

Praesent vestibulum congue tellus at fringilla. Curabitur vitae semper sem, eu convallis est. Cras felis nunc commodo eu convallis vitae interdum non nisl. Maecenas ac est sit amet augue pharetra convallis nec danos dui.

Sample lookbook gallery

Sample paragraph text

Cras suscipit quam et turpis eleifend vitae malesuada magna congue. Damus id ullamcorper neque. Sed vitae mid a cosmo pretium aliquet an sedo delitos. Pellentesque nulla eros accumsan quis justo at tincidunt lobortis denimes loremous. Suspendisse vestibulum lectus in lectus volutpat, ut dapibus purus pulvinar. Vestibulum sit amet auctor ipsum. Proin molestie egestas orci ac suscipit risus posuere loremous.

:

×

お客様から最近購入した商品