全国送料無料、一ヶ月内無料返品、1年間以内無料保証
当店メールアドレス:link@oossxx.com

Blog Categories

Best Sellers View all

防犯カメラの解像度ってなに?

解像度はデジタル監視カメラについては重要アイテムのひとつです。製品の性能、画像の鮮明さ、画像の鮮明さ、ストレージ要件、および帯域幅に大きな影響を与え、製品の価格にも直接関係しています。私たちが追求しているのは、コストやデータストレージ要件を増やさずに、録画再生画像の品質を向上させることです。そのためには、適切な解像度を考慮する必要があります。OOSSXX社の10インチモニターつきワイヤレスとpoe給電防犯カメラセットは500万画素・8チャンネル対応可能、2592 x 1944の高解像度セキュリティカメラは、24時間常時録画で人や家の安全を確保します。いつでもどこでも、スマホやタブレット、パソコンから監視や遠隔監視可能です。

現在、監視カメラ業界では主にいくつかの解像度仕様が使用されており、これにはQCIF(176×144)、CIF(352×288)、HALF D1(704×288)、D1(704×576)などが含まれています。その中で、CIF解像度が最も一般的であり、ほとんどの監視製品で採用されています。CIF解像度への市場の受け入れ度は、以下の主な理由があります:

現在のデジタル監視カメラは、ビデオストリームの要求が高すぎないようにする必要があります。


ビデオ転送の帯域幅にも制約があります。


HALF D1およびD1解像度は、画質を向上させ、高品質の要求を満たすことができますが、これには高いビデオストリームが伴います。


CIF解像度を採用すると、通常、信号対雑音比が32db以上となり、一般のユーザーの要件を満たすことができますが、ビデオ画質の理想的な選択肢ではありません。


現在、業界の専門家は、CIFとD1の間でバランスを取るためにHALF D1解像度を探求しています。OOSSXX 社は、顧客のさまざまなニーズを満たすために、屋外でも屋内でもより高性能な監視ソリューションを提供する探求を続けています。

Sample block quote

Praesent vestibulum congue tellus at fringilla. Curabitur vitae semper sem, eu convallis est. Cras felis nunc commodo eu convallis vitae interdum non nisl. Maecenas ac est sit amet augue pharetra convallis nec danos dui.

Sample lookbook gallery

Sample paragraph text

Cras suscipit quam et turpis eleifend vitae malesuada magna congue. Damus id ullamcorper neque. Sed vitae mid a cosmo pretium aliquet an sedo delitos. Pellentesque nulla eros accumsan quis justo at tincidunt lobortis denimes loremous. Suspendisse vestibulum lectus in lectus volutpat, ut dapibus purus pulvinar. Vestibulum sit amet auctor ipsum. Proin molestie egestas orci ac suscipit risus posuere loremous.

:

×

お客様から最近購入した商品