全国送料無料、一ヶ月内無料返品、1年間以内無料保証
当店メールアドレス:link@oossxx.com

Blog Categories

Best Sellers View all

Custom CMS Block

Custom CMS block displayed at the left sidebar on the Catalog Page. Put your own content here: text, html, images, media... whatever you like.

There are many similar sample content placeholders across the store. All editable from admin panel.

ビデオ監視システムの発展における技術的課題

ビデオ監視システムは、伝統的なセキュリティ領域で広く使用されており、犯罪の取り締まりや社会の秩序維持を支援する重要なツールです。近年、広帯域の普及、パソコン技術の急速な発展、画像処理技術の向上に伴い、ビデオ監視システムは教育、政府、娯楽、医療、ホテル、スポーツなど、さまざまな分野に拡大しています。防犯カメラを設置することで犯罪を未然に防ぐことができる反面、証拠映像をしっかり撮影することで、トラブルが起きた後に解決を図ることができます。

典型的な監視システムは、次の構成要素を含みます:

1)監視フロントエンド:監視対象の情報を収集し、警報装置を装備できます。監視フロントエンドは通常、次の2つに分かれます:

一般的なカメラ+ビデオサーバー:一般的なカメラはアナログまたはデジタルのカメラで、元のビデオ信号はビデオサーバーによってエンコードされ、TCP/IPプロトコルを介してネットワークを介して他のデバイスに転送されます。
ネットワーク防犯カメラ:これは高画質なカメラ装置で、カメラ、動画エンコード、Webサービスを統合し、TCP/IPプロトコルスタックを内蔵しており、直接ネットワークに接続できます。
2)管理センター:前端デバイスのすべての作業、管理、制御、警報処理、録画、再生、ユーザー管理などを担当します。異なる機能は通常、専用のサーバーによって実行されます。

3)監視センター:特定の領域を集中して監視するためのもので、テレビウォールと監視クライアントグループを含みます。システムには1つまたは複数の監視センターが存在します。

4)PCクライアント:監視センターの他にも、PCを使用してネットワークに接続して遠隔監視することができます。

現在、ビデオ監視システムは以下の主要な技術的課題に直面しています:

1、メディア配信
現在のビデオ監視システムは、一般的にメディアの配信に関して比較的単純に処理されています。一般に、ユーザーはネットワークカメラに直接アクセスするか、ビデオサーバーを介して単純なメディア転送処理を行います。しかし、ユーザー数が増えるにつれ、効率的なメディア配信メカニズムが非常に重要になり、ビデオ監視システムのパフォーマンスを評価するための重要な尺度になります。

2、録画ストレージ
現在、ネットワークを利用したビデオ監視システムでは、通常、中央の録画サーバーを使用して録画データを保存します。中央録画サーバーは管理が容易で安全かつ信頼性がありますが、リアルタイムの録画によりデータトラフィックが大幅に増加し、ネットワークに大きな負荷をかけます。録画データを分散して保存すると、ビデオストリームの数量を減らし、ネットワークへの負担を軽減できますが、分散した録画データは録画の管理を複雑にし、録画データのセキュリティを著しく低下させる可能性があります。したがって、将来的には増加し続けるストレージニーズに対応するために、分散型および差別化されたストレージソリューションを採用する必要があります。OOSSXX社のワイヤレスとpoe給電の防犯カメラはより高画質の映像を捉え、精細と鮮明に録画可能になり。人気の防犯カメラ+ソーラーランキングは照射距離が最大24Mになると、遠い車のナンバー、人の顔など細部までクリアに記録して、証拠能力を高めることができます。

3、同時スケジューリング
監視システムのユーザーは多岐にわたり、予測不能です。その使用目的も多様です。したがって、監視システムは同じ監視ポイントに複数のユーザーが同時にアクセスする競合問題を解決する必要があります。このような場合、優先権と割り当てメカニズムを考慮する必要があります。

OOSSXX社は、多年にわたる音声およびビデオ分野の経験に基づいて、ONVIF、RTSP、GB/T28181などさまざまなプロトコルをサポートするビデオプラットフォームを開発し、多チャネルのビデオ分析ニーズに応えています。また、3Dマッピング、ワンスクリーンマルチコントロール、拡張現実(AR)などの先端技術を活用し、高解像度のインテリジェント分析アラートシステムプラットフォームを開発しました。せっかく防犯カメラで証拠取りしていても、画質が荒くて犯人の人相が分からなければ設置した意味がありませんので、防犯カメラを選ぶ際には画質と解像度を見て選ぶ必要があります。

さらに、安全都市、IoT、ビジネス管理、学校、電力などさまざまな業界に対応する多くのビデオ監視システムインテリジェント総合管理プラットフォーム、スマートキャンパス管理プラットフォーム、ビジネス顧客フローインテリジェント管理プラットフォームなど、さまざまなソリューションを提供しています。市場の需要に応じて、ビデオ分析システムの開発やハードウェアのカスタマイズなどのサービスも提供し、顧客によりスマートで効率的なアプリケーション体験を提供することを目指しています。

Sample block quote

Praesent vestibulum congue tellus at fringilla. Curabitur vitae semper sem, eu convallis est. Cras felis nunc commodo eu convallis vitae interdum non nisl. Maecenas ac est sit amet augue pharetra convallis nec danos dui.

Sample lookbook gallery

Sample paragraph text

Cras suscipit quam et turpis eleifend vitae malesuada magna congue. Damus id ullamcorper neque. Sed vitae mid a cosmo pretium aliquet an sedo delitos. Pellentesque nulla eros accumsan quis justo at tincidunt lobortis denimes loremous. Suspendisse vestibulum lectus in lectus volutpat, ut dapibus purus pulvinar. Vestibulum sit amet auctor ipsum. Proin molestie egestas orci ac suscipit risus posuere loremous.

:

×

お客様から最近購入した商品