全国送料無料、一ヶ月内無料返品、1年間以内無料保証
当店メールアドレス:link@oossxx.com

Blog Categories

Best Sellers View all

ビデオ監視カメラシステムの10つの一般的な障害とその対処法

ビデオ監視カメラは、OOSSXX社で広く使用されており、さまざまな障害の問題が伴います。これらの障害を解決することは、監視カメラシステムの品質を向上させ、システムの安定した運用を確保するために非常に重要です。以下は、個人的なエンジニアリング経験に基づいて、ビデオ監視カメラシステムの10つの一般的な障害点とそれに対処する経験です。

1.ショートサーキットの問題:
ビデオ監視カメラシステムでは、多くのデバイス間に接続ケーブルが存在し、特に主要なデバイスの接続ケーブルが不適切で接続エラーがある場合、断線、ショートサーキット、絶縁不良、誤接続などの問題が発生し、デバイスのパフォーマンス低下または破損の原因となる可能性があります。この問題を解決するには、冷静に分析し、障害の発生した回線と発生する可能性のある障害現象を明確にし、さらに、各システムデバイスが長時間運用に適合するように各種ケーブルの接続を確保することが非常に重要です。OOSSXX社のワイヤレスソーラーパネル式とPOE給電防犯カメラは複数で遠隔監視、LANケーブルでレコーダーとルータを接続して、アプリをインストールしたら、外にもダブレットやスマホ、パソコンなど色んな設備で家族と一緒に監視や視聴、会話可能です。

2.干渉問題:
インピーダンス不一致は、モニター画面に等間隔の垂直のストライプ干渉が現れる原因となり、干渉信号の周波数は通常行周波数の整数倍です。この種の干渉は通常、ビデオケーブルのインピーダンスと分布パラメータが要件に合致しないことが原因です。この問題を解決するためには、システム内の各デバイスのインピーダンス一致を可能な限り確保し、ビデオケーブルを選択する際には特にケーブルの品質に注意し、必要に応じてケーブルのサンプルテストを実施するべきです。OOSSXX社のワイヤレスソーラーパネル式とPOE給電防犯カメラは特有ダブルWIFIアンテナ付いてWIFI信号受信機能をアップします。WIFIと接続後、画像は安定し通話もはっきり聞こえます。

3.インターフェイスまたは通信プロトコルの問題:
この問題は、コントロールホストとデコーダーまたはコントロールキーボードなど、通信制御関係を持つデバイス間で頻繁に発生します。通常、エンジニアリングのインストールプロセス中に通信プロトコルなどのパラメータが正しく設定されていないために発生します。この問題を解決するためには、インストール時にコントロールホスト、デコーダー、コントロールキーボードなどのデバイスの通信プロトコルパラメータを正しく設定することを確認する必要があります。

4.ビデオインターフェイスの一般的な障害:

1)50Hzネット周波数の干渉:モニター画面に黒いストライプまたは白いストライプが表示され、上下にスクロールします。通常、これは前端デバイスとコントロールセンターデバイスの不適切な接地により、ポテンシャル差ループがシステムに入り、これが原因です。また、デバイス自体の電源性能の低下による場合もあります。
2)ノイズの白い雪:画像に雪のようなノイズが表示され、通常、信号伝送ラインの信号減衰と高周波ノイズによるものです。
3)画像の重ね、白さ、キャラクターの振動、ストライプの干渉:これらの問題は通常、ビデオ伝送ラインまたはデバイス間の特性インピーダンスが75Ωでないために発生し、インピーダンス不整合が原因です。これらの問題を解決するには、ラインの品質とインピーダンスの一致を確保する必要があります。
5.供給された電力に関連するデバイスの障害:

1)供給電線または電圧が正しくない。
2)電力不足または特定の電力線のワイヤ径が不足しており、電圧降下が大きい。
3)電源システムの伝送ラインに短絡、断線、瞬時過電圧などの問題がある。
電力の誤りまたは瞬時過電圧は、デバイスの損傷を引き起こす可能性があります。したがって、電力を供給する前に、入念に確認および検査することが必要であり、軽視すべきではありません。

6.伝送ラインによって導入された空間放射ノイズの障害:
この種の干渉は、通常、伝送システム、フロントエンド、または制御センタールームの近くに強力かつ高周波の空間放射源が存在するために発生します。この問題を解決するには、まずシステム設計時に周囲の環境を十分に理解し、放射源を回避または遠ざけるように努力する必要があります。回避できない場合、フロントエンドおよびセンターデバイスの保護を強化するためにシールド対策を採用し、また、パイプ経由でラインを分離し、良好な接地を確保することが重要です。

7.パン・ティルトの障害:
パン・ティルトは、使用後しばらくして運転能力を失ったり、完全に回転しなくなることが一般的な問題です。製品品質の要因に加え、一般的な原因は次のとおりです。

1)パン・ティルトを取り付ける際、正しい向きのカメラのみを許可するが、これによりパン・ティルトの負荷が増加し、伝動機構の損傷やモーターの過熱につながる可能性があります。

2)カメラとその保護カバーなどの合計重量がパン・ティルトの許容重量を超えている場合。特に屋外で使用する場合、保護カバーの重量が大きすぎて、パン・ティルトが回転できなくなることがあります(特に垂直方向で)。

3)屋外パン・ティルトが極端な温度条件で動作するか、防水性や耐凍結性が不十分な場合。

4)キーボードからパン・ティルトまでの距離が遠すぎると、デコーダーがカメラ(レンズを含む)とパン・ティルトをリモートで制御できなくなります。これは通常、制御信号が伝送中に重要な減衰が発生し、デコーダーが受信する信号が弱すぎるためです。この問題を解決する方法には、制御信号を増幅するリピーターデバイスを使用することが含まれます。

マトリックスホストの切り替えの問題:
マトリックスホストによる画像切り替えの不正確さの問題は、選択した後の画像に現れ、他の画像の干渉や行同期信号の干渉が発生する可能性があります。これは、マトリックススイッチの品質が低く、画像間の隔離要件を満たせないために発生する可能性があります。RF伝送システムを使用している場合、クロストークモデュレーションと相互モデュレーションが大きすぎるためかもしれません。

8.モニター画像のコントラストが低すぎるか薄い場合:
モニター上の画像のコントラストが小さすぎるか、画像が薄く表示される場合、制御ホストまたはモニター自体の問題でない限り、通常、ビデオ伝送ラインが長すぎて信号の減衰が大きいためです。この場合、ラインアンプとコンペンセーションデバイスを追加する必要があります。

9.画像の鮮明さが不足し、詳細が失われる場合:
この状況は、カラーシグナルの喪失や彩度の低下などの問題を引き起こす可能性があり、通常、画像信号の高周波帯域の損失が大きいため、特に3MHz以上の信号周波数が多く失われるためです。これは、信号伝送距離が遠すぎて中間の増幅およびコンペンセーションデバイスがないか、ビデオ伝送ケーブルの分布容量が大きいか、または伝送ラインの芯線とシールド線の間に大きな等価容量があるためかもしれません。OOSSXX社のワイヤレスソーラーパネル式とPOE給電防犯カメラはIP67防水防塵仕様は、強い防水レベルで、雨や風などの悪天候でも有害な影響がない。屋外も設置することができます。OOSSXX社のワイヤレスソーラーパネル式とPOE給電防犯カメラは500万高画質、放熱性と耐久性も向上して、使用寿命が4倍長持ちます。OOSSXX社のワイヤレスソーラーパネル式とPOE給電防犯カメラは上質なHDD1TB内蔵、録画圧縮技術H265+で、300万画素の防犯カメラ2台常時録画の場合、1か月以上録画可能。8台カメラを増設する可能です。

10.コマ落ちの問題:
コマ落ちは通常、遠隔監視のビデオベースバンド伝送で発生します。この問題は主に信号の高周波帯域の減衰が大きいために発生し、コンペンセーションデバイスを追加することで解決できます。

OOSSXX社では、高品質のビデオ監視カメラソリューションを提供し、専門の障害トラブルシューティングと解決策を通じて、顧客の監視カメラシステムの安定稼働を確保しています。私たちは、慎重な分析とメンテナンスによって、発生した問題を迅速に解決し、システムの信頼性と持続性を確保できると信じています。

Sample block quote

Praesent vestibulum congue tellus at fringilla. Curabitur vitae semper sem, eu convallis est. Cras felis nunc commodo eu convallis vitae interdum non nisl. Maecenas ac est sit amet augue pharetra convallis nec danos dui.

Sample lookbook gallery

Sample paragraph text

Cras suscipit quam et turpis eleifend vitae malesuada magna congue. Damus id ullamcorper neque. Sed vitae mid a cosmo pretium aliquet an sedo delitos. Pellentesque nulla eros accumsan quis justo at tincidunt lobortis denimes loremous. Suspendisse vestibulum lectus in lectus volutpat, ut dapibus purus pulvinar. Vestibulum sit amet auctor ipsum. Proin molestie egestas orci ac suscipit risus posuere loremous.

:

×

お客様から最近購入した商品