全国包邮,1个月内免费退货,1年内免费保修

監視システムがPOE(Power over Ethernet)を導入することの利点は、以下の通りです:

幅広い適用範囲と柔軟な配置: 実際のプロジェクトでは、配置する場所の多くが交流電源のインターフェースがないか、ある場合でも照明用途であり、常時電力供給ができないことがあります。POEカメラの使用はより柔軟性があります。 

材料と労力の節約: POEネットワークカメラは1本のネットワークケーブルで電力供給、音声/映像の伝送、制御、アラームなどの転送要件を実現できます。電源ケーブルやトランスが不要になるため、材料と労力を節約できます。

低いメンテナンスコスト: POEシステムでは、ネットワークケーブルのメンテナンスのみが必要ですが、一般的なネットワークカメラではネットワークケーブル、電源ケーブル、電源アダプター、電源コンセントなどの複数の部品をメンテナンスする必要があり、手間と時間がかかります。

インストールの美観: POEシステムでは、フロントエンドにはカメラとネットワークケーブルしかありません。ケーブルの配置が整然とし、外部の電源ボックスやプラグ、アダプターなどの部品がないため、スッキリとした外観です。

電源保証の簡易性: 電源を集中的に供給する場合、POEシステムではPSE(Power Sourcing Equipment)の電力要求を保証するだけで済みます。線材の節約とシステムの実装が簡単です。一方、従来の監視システムでは、各カメラに専用の集中電源ケーブルを配置する必要があり、システムの実装が複雑になります。

高いセキュリティ性能: POEシステムは安全な低電圧の直流電源であり、高電圧の危険性はありません。カメラにはネットワーク雷防止モジュールを搭載することができ、PSE装置は一般的に絶縁感応回路を使用しています。これにより、雷防止の安全性が確保され、一部の機器には故障監視機能も備わっています。一方、従来の監視システムでは交流電源が各ポイントに引き込まれ、施工ジョイントの不適切な処理、配線の老化によるショート、水によるショートなどの安全上のリスクが存在します。一般的にPOEカメラは家庭、商店、オフィスなどのシーンで使用されます。その美観性、安全性、利便性の利点により、ますます多くの人々に受け入れられています。

样本块引用

Praesent vestibulum congue tellus at fringilla. Curabitur vitae semper sem, eu convallis est. Cras felis nunc commodo eu convallis vitae interdum non nisl. Maecenas ac est sit amet augue pharetra convallis nec danos dui.

样本图册画廊

示例段落文本

Cras suscipit quam et turpis eleifend vitae malesuada magna congue. Damus id ullamcorper neque. Sed vitae mid a cosmo pretium aliquet an sedo delitos. Pellentesque nulla eros accumsan quis justo at tincidunt lobortis denimes loremous. Vestibulum sit amet auctor ipsum. Proin molestie egestas orci ac suscipit risus posuere loremous。

:

×

顾客最近购买的物品